読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もこもこりんりん

geocitiesのパスワード忘れたから引越し

TOL団体戦自戦解説(第6回タイピングサミット)その1

TOL(Tsukihimeda On Line、月姫打)というゲームを知ったのは、2004年頃。

このゲーム、複雑というか奥が深いです。プレイ中は文字を打つのに必死なため同時に出来ることは限られ、難しいという印象が強いです。(恐らく、後ろに指示をしてくれる人をつけると相当強くなると思われ)

 

 なんだかんだ、10年以上前の第3回タイピングサミット辺りから、定番のイロモノソフトとして一部の人が積極的に布教しているので、「難しそうだけど興味はあるなぁ」という人も少しは増えたんじゃないかなぁ・・・

 説明書や、説明動画(←私は見たことないw)があるようですが解説用ということで、第7回タイピングサミットを前に前回(第6回)の3日目に行われたTOL大会の大将戦の動画を自戦解説の形で公開します。

 

f:id:muna6741:20151009132228j:plain

1P(左)側:むなしい(シエル)

2P(右)側:dqmaniac(反転秋葉)

 まず残念なお知らせですが、私とdqさんの間には約1.2倍(適当)の打鍵力の差があります。そして、dqさんのHPを見れば分かる通り研究量に至っては約∞倍と言ってもいいでしょう。

 そんなオッズ1.0倍の状況でも、ゲーム性でなんとかなったりしちゃうという内容です。

 

 さて、ここで先に試合の流れをダイジェストで表にまとめました。

細かい試合内容を書いていたら、異常に長文になってしまったので興味のある方はそちらは暇つぶしに ↓リンク先からどうぞ。

 

prt.nu

 

 試合内容は、表の通り。攻撃が5回発生して決着が付きました。

 展開は私1P側のシエルがリードを着実に積上げて押切った感じです。そんな中どんなことを考えながらプレイしていたか書けたらいいなと思います。

 

f:id:muna6741:20151009133405p:plain

 

 ・・・さて、お気づきでしょうか。私が44段(10+7+9+10+8)打つ間に、dqさんは48段(11+8+10+11+8)打っています。約1.1倍ですねー、Tabとか打つテクニックがあるので実力より少し差は縮まってますが、これでも十分大きな差を感じます。

 

 というか、動画改めて見て思ったけど、これほとんど

運ゲー

 ですわ。(相当上手い人 or 実力差があれば別ですけど・・・) 

 

 試合の動画はこちら。

youtu.be